FX(外国為替)相場の仕組みについて

FX(外国為替)相場の仕組みについて

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

FX運用するのであれば、まず簡単な仕組みから勉強することがオススメです。

 

本記事では『FX相場の価格はどのようにして動いているのか。』『学生時代に習った円高・円安の仕組みは?』『FXのチャートの見方』などをご紹介します。FXについてはまずは、チャートを見ながら、簡単に概要を覚えつつ、運用慣れることが重要です。

 

少額であれば1000円程度(100通貨で運用した場合)から運用できますし、運用することでどんどんFXに慣れていくのです。短期でのトレードはかなりテクニックが求められレベルも高く、トレードで勝つにはかなりの時間を要します。

 

しかし、長期での運用また、自動売買トレードをすることによって初心者でも勝てる可能性が十分に高まるのです。

 

相場の価格の変動について

 

外国為替は多国間の通貨の売買によって値段が変動します。通貨の価値が上がれば円高(買われる)、下がれば円安(売られる)となっているのです。

 

FXを勉強することは世の中の経済の流れがわかってきます。 なので日々の経済のニュースも特に抵抗なく見ることもできるメリットがあるのです。 

 

 

価格の変動は、相場の心理が動かしていると言われ、相場に参加して売買している人が、「どこで買う」「どこで売る」という心理が反映されているのです。

 

 

円高・円安の仕組みとは

円高と円安の仕組みについては、学生時代に勉強してなんとなく覚えている方もいらっしゃると思います。 個人的にはあまりシビアに考えずに、ただ単にチャートがこのように動いて1ドル=100円から90円になったら円高などで簡単に覚えて見ることをおすすめします。

 

またこの場合、買ってたらマイナスになる。 

 

とFXトレードの場合にどうなるかを最初は簡単知っていればいいと思います。別に学生時代のように教科書で勉強みたいな面白くないものではなく、チャートを見ながら、そして経済のニュースが何か流れた時にどうしてそう動いたのか。 など見ていくことで、頭の中にスムーズに入ってきます。

 

ある程度面白く仕組みを勉強しないと、続かないし、興味もわかないのです。 学校卒業してから受験勉強みたいな事をして覚えるのは、私にとってはナンセンスです。

チャートを見ながらそれを感じることによりすんなり覚えることができます。

 

 

FXチャートを見てみよう

FXはチャートを見ながら仕組みを理解することで、スムーズに覚えることができます。 

 

一見初めてチャートを見た人は、相場の動きが複雑に見えますが、仕組みを覚えるとそれを簡単に見ることができます。

 

まずはチャートを見て仕組みを覚えて見ることをおすすめします。

 

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply