スプレッドとは?〜FXのコストを理解する。

スプレッドとは?〜FXのコストを理解する。

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

FX(外国為替)でのコストは、スプレッド(spread)と言われます。 通常証券会社のホームページなどの『手数料無料』という記載がありますが、実際には、スプレッドと言われるコストが発生しています。

 

なのであの記載は正直紛らわしい表現になっています。 

 

スプレッドとは、注文をした時に発生するコストで、運用する人が証券会社に支払うコストになります。

 

スプレッドは広い、狭いという言葉で表され、

 

スプレッドが広い➡︎コストがかかる

スプレッドが狭い➡︎コストが小さい

 

という意味になります。

 

スプレッドが影響するのは短期売買の時

本サイトでは基本的に長期的に運用するか、またはFX自動売買でトレードするかの2パターンを推奨します。

 

長期的に運用する場合は売買回数が少ないため、スプレッドの影響は少ないです。 

 

ですがFX自動売買についてはシステムで短期売買の繰り返し行う場合は、トレード回数ごとにスプレッドが影響するため、『スプレッドが狭い(コスト安い)』証券会社を選ぶ必要があります。

 

とはいっても、本サイトで紹介するみんなが使っている証券会社はどこもスプレッドが狭いため、特に気にする必要はないかもしれません。証券会社についてのスプレッドの特徴は別記事でご紹介していきます。

 

つまりスプレッドは注文する時にかかってくるコストになります。なので短期売買でトレード回数が多いとその都度コストがかかることになるため、スプレッドが狭い証券会社を選ぶということになっています。

 

下記のリンクの記事に具体的ことを記載していますので、是非参考にしてください。

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply