FX(外国為替)取引における注文方法について

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

FXには様々な注目方法があります。 今回はその特徴をご説明します。

 

例えばドルの通貨を買った時、いくらまで値段が下がったら損切りする。 またはいくらまで値段が上がったら利益確定するなど、自動でセットすることができます。

 

FXで通貨を買った時にそのまま、ずーっとそのポジションのことばかり考えていたも、生活の支障になることもただあるため、通貨を買ったり(売ったり)する時には、同時にどこで利益確定するのか、もしくは損切りするのかをセットしておけばあとはほったらかしで大丈夫です。

 

なのでそのような多彩な注文方法で自分に合ったものを、まずは使ってみることがおすすめです。 す

 

べての注文方法を無理に覚えるのではなく、自分のトレードスタイルにあったもののみを覚えて使っていけば大丈夫です。

 

根拠を持った運用が大事

例えばドル円が90円になったとします。 

 

90円はドルの通貨の中で円高ですので、この状態でドルが現在は割やすいで将来的に上がる(130円程度まで)と仮定して、通貨を買ったとします。 

 

ドルが今ままでは70円まで下がったことがありますが、それが一番割安なラインと考え、65円になったら損切り。そしてドルが割高な水準の130円をリミット(利益確定)と考えてセットをしておきます。

 

あとは1年単位で運用して、1週間に1回程度確認するだけで大丈夫です。 一度注目をセットしておけば相場の変動があった時にも、注文をしてくれるので便利です。(長期投資の場合はあまり相場の変動に影響を受けにくいです。

 

一応安全弁のために注目を入れておき、あとはその都度判断して利益確定をしておけば大丈夫です。

 

注文方法の詳しい解説は下記のボタンから↓↓↓

 

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply