ウォレット(Wallet)で仮想通貨(ビットコイン等)を保管する

ウォレット(Wallet)で仮想通貨(ビットコイン等)を保管する

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

ウォレット(wallet)仮想通貨を保管(保存)する銀行口座ようなものです。

 

通常取引所で日本円でビットコインを持ったあとに、そのまま取引所のウォレットに置いておくことができますが、少なくとも自分専用のウォレットを作っておくことをおすすめます。

 

その理由は、やはりセキュリティ(安全性)の面からです。

 

最近はビットコインを狙ったハッカーが取引所からビットコイン盗んだりと少なくともそのような事件が起きています。 少しのビットコインであれば、そのまま取引所に置いておいてもいいかもしれませんが、ビットコインで大きな金額を持っている人は『自分専用』ウォレット作っています。

 

つまりハッカーは多くの顧客からビットコインを預かっている取引所を狙うため、全体の取引量からごく少額の個人で作ったウォレットにわざわざハック(ビットコインを盗む)する可能性は低いということです。

 

 

ウォレットはblockchain ウォレットがオススメ

 

blockchain ウォレット

個人専用のウォレットで有名なのは、ブロックチェーンウォレット(block chain wallet)が有名です。

 

有名なので、みんなが使っているため、安心感もあり、何か作業でわからないことがあれば、ネットを使って調べることができるからです。 

 

これがあまり日本人が使っていないウォレットになると、ほとんどが外国語のサイトになるので、個人では少し苦労する場合があります。

 

当然何か疑問点があって調べるのも、英語のサイトになるからです。  本当は仮想通貨の情報を得たりするのは、一歩情報が先に行っている外国語のサイトを見た方がより、多くの情報に触れることができます。

 

いかに詳しいウォレットの解説とブロックチェーンウォレットの作成方法が書いてあるので参考にしてみてください。

 

少額でいいのでまずはビットコインを持って触れてみる。 後から価格が上がって急いで勉強しても遅いのです。 いつでも投資ができるように幅広く知っておき、重要な機会を逃さないようにしておくことが必要です。

 

そのようなマインドが投資で成功するためには重要なのです。

 

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply