ブロックチェーンシステムとは〜仮想通貨(ビットコイン)の魅力そして将来性

ブロックチェーンシステムとは〜仮想通貨(ビットコイン)の魅力そして将来性

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

ビットコイン(bitcoin)を始めとする仮想通貨で、その重要な技術が『ブロックチェーンシステム(Block Chain)』と言われる技術になります。ブロックチェーンシステムは、世界を変える技術の一つだというわれるものです。  

 

ブロックチェーンシステムを理解することにより、仮想通貨の仕組み、また投資として将来性があるかという判断の一つにもなります。

 

仮想通貨が注目されてきている技術がブロックチェーンシステム。

これはアマゾンやマイクロソフトなど大手企業で取り入れ始めており、また国単位でも行政システムに採用されたりと将来性が高い技術の一つです。

 

ブロックチェーンシステムの特徴

 

安価(格安)の手数料で送金ができる。

ブロックチェーンシステム送金の仕組み

ブロックチェーンシステムの送金は世界中どこでも一律で、そして国内送金より安い金額で送金ができるんです。その手数料はなんと『0.02%』*取引所によって変わる

 

金額に応じて手数料が変わりますが、通常私たちが取り扱う送金の金額では圧倒的に、ブロックチェーンシステムの方が安くなります。

 

しかも世界中どこへでも

 

通常銀行をこうした送金で言えば、国内送金では500円だったり1000円だったりします。 国際送金になると4000円〜5000円程度かかってきます。

また発展途上国に送金した場合なんと手数料は送金額の30〜40%もの手数料を取られるのです。 

ネットを使った送金なので本来はコストはほとんどかからないはずですが、このように銀行での独占が進むと高い手数料を払わらず負えなくなるのです。

 

管理者がいない

ブロックチェーンの仕組みについて

管理者がいない。どいういうことかというとネットでブロックチェーンを使用している人みんなで相互に監視するというシステムになります。

 

管理者(銀行等)がいれば当然その管理者を通じて送金のやり取りをします。 そして管理者が送金のチェックを行い、そして手数料を管理者に払うことになるのです。

 

前に説明している手数料が格安とは、管理者がいないため、この価格が実現できているのです。 

 

では手数料の『0.02%は誰に払うの?』

 

それは、送金のやり取りチェックした人に報酬として支払われることになるんです。 世界中にそのチェックが行える技術を持った会社があり、無作為に抽出されそしてチェックを行った人が報酬を得るということです。

 

管理者がいないということは、手数料を高く取られずに済むだけでなく、改ざんされる危険性もないということも言えるのです。

 

➡︎仮想通貨メニューへ

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply