FXのトレードの種類、スタイルについて

FXのトレードの種類、スタイルについて

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

FXのトレードスタイルは主に、短期売買の「スキャルピング」中長期の「デイトレード」「スイングトレード」に分かれます。 

 

それぞれトレードの特徴があるため、その概要を抑えることが必要になってきます。

 

本サイトでオススメしているのは、サラリーマンでも気軽に行える「デイトレード」もしくは「スイングトレード」になります。

売買回数が少なくゆったり資金を増やすやり方のほうがローリスクで、仕事が忙しいサラリーマンでも十分可能だからです。 

 

しかし自動売買トレードでのスキャルピングトレード別です。 システムが変わりにトレードをしてくれるため、十分に資金を増やせる可能性が高いからです。

 

無理をしてトレードする必要はないというのが私の考えです。

 

短期売買のスキャルピングトレード

スキャルピングトレードは短期売買のと言われ、数分から数10分間でトレードをします。 

 

売買回数が多く刺激があるため、一見に人気になりがちですが、いかんせん、かなりトレードに時間を取られるため、トレードしていくのは簡単ではありません。 

 

時間足は1分から15分足くらいを使用します。

 

FX証券会社はレバレッジを売りにしてトレードをするように誘いますが、やはり低レバレッジでゆったり投資したいものです。

 

 

 

1日単位のデイトレードについて

 

デイトレードは約1日で売買を行ってしまうトレードスタイルになります。 

 

時間足は15分から1時間足を使用します。 裁量トレード(手動)で行うのであれば、デイトレードでも少し期間が短いと思っています。

 

まずは特徴をご覧ください。

 

 

スイングトレードについて

スイングトレードは、裁量トレードであれば本サイトで最もお勧めしているトレードスタイルになります。

 

スイングトレードは数日から数週間の間ポジションを持つことになります。その間の相場のちょっとした急変にも影響を受けにくく、仕事が忙しいサラリーマンでも十分トレードが可能になります。

 

FX自動売買トレードで初心者からでも資金を増やしつつ、スイングトレードでもゆったりと資金を増やすスタイルがおすすめです。

 

最初は裁量トレード(手動でのトレード)あまり勝てないと思うため、スイングトレードでは少額で行うことをおすすめします。 1000円単位からトレードができます。

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply