一度きりの人生で何ができるか

一度きりの人生で何ができるか

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

人生は一度きりです。 一度きりの人生で何ができるのか書いていければと思っています。

私たちは産まれてから、大人になるまで、常に競争の社会に身を置いています。 

子供の時には好きなことをたくさんしますが、それはただ好きであって将来に役たつこともあれば、そうでないこともあります。

子供にように好きなことをして、それが人の役人立って、それで生活できれば。

 

それって「夢」ですよね。

 

 

誰かに雇われようと常に考えている。

 

いい大学に行って、大手の企業に就職して・・・給料もらって。 このように私たちは考えて生きてくことが多いのではないでしょうか。

 

私もかつてはそう考えていました。  

 

ですが実際会社に入ってみると、通勤がつらい、人間関係がうまくいかない、仕事が特に面白いというわけではない。。。 平日5日は必ず8時間は会社に私たちは時間を拘束されています。

 

それに加えて通勤時間もそうですよね。

 

私の知り合いに自分で事業を起こして成功している人がいますが、その人から言われたのが

会社から給料をもらっているだけでは、豊かになれない。自分で周りに価値を与えて、お金を生み出すのが大事なんだ。

 

その言葉が胸に今でも響きます。

 

辞めた後に何か残った?

仕事辞めた後何か残った?

 

確かに基本的に私たちの多くは会社に雇われてお金をもらっています。 

 

 

そして私が体調を崩して、仕事を辞めた時に

 

何か残ったんだろうか??』と虚しさにかられました。

 

仕事を辞めた後は、休養をしてドラッグストアでバイトをした時に、時給は私であっても高校生であったも変わりません。

 

君は以前銀行で働いていたから、計算は得意だから時給は1500円だね』 なんてあるてしょうか?? 

 

私が高校生より年が上だからって時給は高くありません。

 

会社の中でしか使えない知識を一生懸命覚えて、体調を崩しながらも必死に働いて、蓋を開けたらこれでした。  

 

もちろん私の不甲斐なさが一番ですが。

 

人生で何が大切なのか

 

私が今何を考えて生きてるかというと、『自分の好きなことをして周りに価値を与えれる人』になりたいと思っています。 言い換えると『自分の好きな事で相手の役に立つ』という事です。

 

そして『自分が大好きな人間になる。』 ということです。   これって高慢な態度での自分が偉いとかいうのではありません。

 

私たちは産まれてから、この身体一つで人生を生きていくのです。

 

自分は常に良い気分でいることを考えています。 その方が自分らしくまた強く生きられるからです。 

 

自分の限られた人生で大切な時間を価値のあるものにしていく必要があります。

 

以前は仕事を嫌や嫌や気分を悪くしながら働いて、また、残業続きで身体を痛めしまってました。。 そして寿命が縮まっていく。。

 

みなさんのしている仕事は、みなさんの人生の大事な時間を奪ってしまい、そして気分を悪くしているのだとしたら、その仕事に価値を見出せるでしょうか?  

 

何をしていいか今はわからないけど、何か私たちにできることをすべきだと思います。 仕事で忙しくしていると、その貴重なことを考える余裕がなくなってしまいます。 

 

自分を信頼しないで誰を信頼するのか。 人から裏切られても自分は信頼するようにしたいです。

 

この身一つで人生を生き抜くしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply