ANA(全日空)マイルとは〜マイルについての簡単な概要

ANA(全日空)マイルとは〜マイルについての簡単な概要

with 1件のコメント
Share on LinkedIn
Pocket

ANAマイル(アナマイル・マイレージ)についての簡単な説明をします。 マイルについては、貯めることで様々なメリットを得ることができます。(貯める人をマイラーという) 

 

マイルは各航空会社が独自の通貨のようなものとして発行しており、各航空会社間(スターアライアンスメンバー等)でも貯めることができます。

 

ですが一般的にマイルは、その航空会社の方(ANAマイルならANAの飛行機)で乗った方が当然多くマイルが貯まるようになっています。

 

よく巷ではマイルを貯める人のことを『マイラー』といいます。

 

もちろん基本的には飛行機に乗った方がマイルは効率良く貯めれますが、飛行機に乗らない人で、マイルを使って旅行をしたいという人が大半だと思っています。 

 

本サイトでは「飛行機に乗らずに」マイルを貯める方法としてご紹介します。

 

マイルのメリット

特典航空券に交換することができます。

screen-shot-2016-10-30-at-15-14-32

 

ANAマイルを貯めて、それを特典航空券に交換することができます。 

 

その航空券を使って基本的に無料で旅行することができます。 

*海外などで特典航空券を使う場合は別途追加料金がかかる場合があります。

 

私が熊本からアメリカに行った時は、福岡空港➡︎成田空港➡︎JFK(ニューヨーク)で特典航空券で予約ができ(約75000マイル)追加料金が3万円程度(現金で払う分)でした。

 

通常日本からニューヨークに行くのは12−13万円からになっています。 

 

サーチャージ(燃料代)や手数料で現金での支払いにより別途現金での追加の支払いもあるということです。

しかし基本的にお金をかけずにマイルを貯めることができればかなりの現金での支出の負担が減らせます。

 

 

 

各種ポイントに使える

 

ANAマイルは、各種電子マネー楽天edyやその他のポイントに移行できます。 

 

本サイトではANAマイルを貯める方法ですので、この方法と逆ということになります。

 

 

マイルの価値はいくらなの?

 

マイルは現金で言えばいくらになるのかというと、それはグレードによって価値が変わってきます。

 

例えばビジネスクラスでは➡︎約6.5円/マイル(時期による)

エコノミークラスでは➡︎約1.5円/マイル (時期による)

 

くらいになります。 

 

おおよそで、時期によっても変更しますので、特典航空券を使用するときには、通常のフライトの金額とマイルを使った場合は何マイル必要なのかを把握しておくと便利です。

 

たとへば熊本空港➡︎羽田 往復35000円  

    熊本空港➡︎羽田 17000マイル  

 

とすると 35000円/17000マイル=2.05円という計算です。

 

私がマイルの大きなメリットだと思うのは、特に直前に航空券を予約するときには、正規料金でかなり値段が高くなっています。 

 

同時に格安航空会社(ジェットスターやピーチなど)を調べると同じく正規料金で同じくらい高くなっている時があります。

 

そういった場合に、マイルは大きな力を発揮します。 

 

つまり直前の予約にもかかわらず上記のように通常の価格の半額で行けたりするのです。 

 

まずはマイレージ会員になる。

screen-shot-2016-10-30-at-15-13-40

ANAのマイルを貯めるにはマイレージ会員になる必要があります。  

 

ANAのサイトより会員登録をすればそれで大丈夫です。 

 

クレジットカード機能付きではない、ANAカードが送られてきますので、それでマイルが貯めれたり使ったりできます。

 

本サイトでは、飛行機に乗らずにマイルを貯めるため、ANAのクレジットカード機能を使って効率良くマイルを貯める方法をお伝えします。

 

 

 

 

Share on LinkedIn
Pocket

One Response

Leave a Reply