銀行ATM手数料が高い〜銀行の存在意義とは・・

銀行ATM手数料が高い〜銀行の存在意義とは・・

with コメントはまだありません
Share on LinkedIn
Pocket

銀行ATM引き出し手数料高い(バカバカしい)と思いませんか? 特に地方銀行になると、週末にATMで現金を引き出すときに100〜200円必要になります。

 

今の超低金利の時代、1000万円を1年間預けてやっと100円程度の利子がついてくるだけなのに、それが週末の1回のATM手数料でパーになります。

 

 

以外と平日はお金をおろさずに週末にまとまったお金を引き出す人が多いのではないでしょうか? 

 

私もその一人です。

 

 

週末の銀行ATM手数料はバカバカしい

全然利子もつかないのに、銀行にお金を預けておいて、週末にATMの手数料を顧客から取る。 

 

一体銀行は顧客に対してどのように考えているのでしょうか。(ただの金ヅル?)

 

銀行にお金を必要以上の預けておく理由はあるのでしょうか? 銀行は顧客から預かったお金で運用しているのに・・・

 

そして、そのくせ、お金を持っている人に対しては平気で投資信託を進めて、顧客が損失が出ても平気で手数料だけごっそりもらう。 こういうサービスして私腹を肥やしているなんて。。。。 全くプロ意識がないと感じます。

 

たいてい人は週末に、ショッピングや飲み会等のためにまとまったお金をおろします。 

 

その度に手数料が引かれています。 果たしてその手数料分銀行は週末に仕事をしているのでしょうか?? そこまで経費がかかるのでしょうか? 

 

平日は手数料が無料であるため、銀行は儲けはありません。ですが週末や夜間のATM手数料で収益を得ているのです。

 

 

ATM24時間無料のネットバンクが便利

私が個人的にオススメしたいのがネット銀行です。

 

主にコンビニでATMを使いますが、利便性、手数料無料、総合的に地方銀行よりもメリットがあります。

 

  • ネットで履歴を見れるため、記帳する必要がない。
  • 週末のATM引き出し手数料無料の銀行がある。
  • 振り込みもネットでその場で出来る。
  • コンビニで引き出すため、利便性が良い。

 

以上が主な利点ですが、やはり地方銀行に比べてサービスついては『手数料と時間がかからないここに大きなメリットがあるんです。

 

振り込みや記帳するのもいちいちATMに行ったり、その時間のロスはかなり無駄になります。時には店舗でのサービスが必要になる場合もありますが、ほとんどのはネットやコンビニでことが済んでしますのです。

 

ソニー銀行がオススメ

以前はメインで『住信SBIネット銀行』を使っていましが、最近ATM引き出し手数料が改悪になり、より外貨預金などのサービスを利用している顧客のみ、手数料を無料にしたりするように規約を改正したため、『ソニー銀行』に変えました。

 

*他にオススメの銀行があれば教えてもらえれば幸いです。本サイトで共有します。

 

ソニー銀行 ATM

 

ATMの手数料についてはかなり他の銀行より優遇されていますので、一度ご自身の銀行と比較することをお勧めします。

 

➡︎ソニー銀行のATM手数料はこちら(ソニー銀行のサイトへ)

 

 

ビットコイン(bitcoin)は銀行の脅威になりうる

世界中で普及しつつあるビットコイン。 

 

現在では、ビットコインで公共料金の支払いに対応した会社も出てきました。

 

 

ビットコインは、オンライン通貨なので、全世界格安の手数料で送金できるのです。 

 

おまけに『次世代型分散型システム』と言われる管理者いない仕組みになっているため、送金履歴をみんなで監視(個人情報は特定不可)ができ、改ざんができな公平で透明性のあるシステムになっているのです。

 

この仕組みが普及すると、みんなは日本円でビットコインを買って、ビットコインで送金する人が増えてきます。ビットコインで海外送金する場合も国内送金と同等かそれよりの安い手数料で送金ができるのです。

 

このように銀行の脅威となる仮想通貨のシステムは、米国のアマゾンやマイクロソフトをはじめとして取り入れ始められています。

 

本サイトでも仮想通貨のことを書いていますので、ぜひご参考にしてください。 

 

➡︎革新的技術、仮想通貨の将来の可能性を探る

 

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a Reply